肥料の与え方

与え方肥料の与え方によって、植物は大きく育ち方も変わってきます。胡蝶蘭の場合は、まず液体肥料を活用するのが良いと言えます。そもそも浸透率が高い液体肥料は、それだけ使い勝手も良いものが多いです。固形肥料の場合はなかなか浸透しないということもあって、長期間で育てていく植物に向いていると言えます。胡蝶蘭の場合は比較的短期間で育てていく植物なので、液体肥料がおすすめです。なお、与え方は直接そのまま植物にかけるのではなく、養分を吸い取る根の近くに配置することをおすすめします。ただ、胡蝶蘭の場合は水苔を利用したりすることも多いため、栄養を与える場合は根からしっかり吸収できるようにしておくことが重要です。

固形肥料だと、そういう与える時の難しさもあるからこそ、気を付けておくことが必要となります。液体肥料の場合はそのまま下に流れてしまうこともあるので、コツをしっかり得てから与えるようにしてください。水苔以外で育てているという場合も、与え方についてはしっかりと考えておく必要があります。ちなみに、近年は液体肥料も固形肥料も、使い勝手の良いものが増えています。それらも含めて、花を扱っているショップなどで相談してみてはいかがでしょうか。そうすれば、より育て方全般の知識も身に付けることができて便利です。